ヘルスUP

健康づくり

うがいは水道水でOK 喉のトラブル、最新予防法 慢性的なら病気の恐れも

2012/11/22 日本経済新聞 プラスワン

空気が乾燥すると増えてくるのが、のどのトラブルだ。「痛い」「イガイガする」という症状のとき、のどの状態はどうなっているのか。どうすれば予防できるのか。専門家の話を聞いた。

私たちが吸った空気は、まず口の奥にある粘膜組織である咽頭に集まり、喉頭部を通って気管に向かう。のどの不調の多くは、この咽喉頭部で起こる。その最大の原因が乾燥だ。

粘膜の機能低下

国際医療福祉大学東京ボイスセンター・センター長の渡辺雄介教授は「人は意外にのどの乾きに気づきにくい。室内の湿度が下がっているのに水分補給を怠ると、咽喉頭部の粘膜がどんどん乾燥し機能が低下する」と話す。

たばこの煙、ハウスダストなど異物の刺激を受けやすくなるほか、粘膜に風邪ウイルスなどの病原体が付着すると炎症を起こして痛みや腫れをもたらす。また、のど粘膜を守るために分泌された粘液によって、異物があるようなイガイガ感を覚えることもある。

のどの水分補給に重要なのは水を飲むことだ。例えば、仕事に集中しているときは、のどの乾きに気づかない。手元に水やお茶を置いて、小まめに飲むといいだろう。渡辺教授は「あめをなめるのも効果がある。唾液の分泌が促進されるためだ。砂糖が多くネバネバするものより、シュガーレスでさらっとしたあめの方が効果的」と話す。

うがいも積極的に。水分補給効果は少ないものの、粘膜の炎症の原因となる口内の異物や病原体の数を少なく保てる。外出から帰ったときなど、一日に数回行いたい。予防的なうがいは水道水で十分だ。殺菌効果の強いうがい薬は、逆に粘膜の刺激となる場合がある。痛みや腫れがあるときだけ、医師や薬剤師と相談して使いたい。

こうした一般的なのどトラブルとは別に、この季節はのど粘膜に異常がないのに、慢性的なのどの違和感を訴える人も増えてくる。これまでは耳鼻咽喉科などで診察しても、異常は見つからないため生活改善しか対処法がなかった。ところが最近では咽喉頭異常感症という診断名がつけられ、積極的な治療に取り組む医師も増えてきた。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL