増える「隠れ扁平足」 筋トレや中敷きの見直しで改善

「隠れ扁平(へんぺい)足」。ここ数年、男女を問わず増えているという。土踏まずがあるように見えるが、立ったり歩いたりするとアーチ状の構造が崩れる。運動不足による筋力の低下や老化などが原因で、足にかかる衝撃を吸収できなくなって様々なトラブルを引き起こす。足に合った靴や中敷きを選んだり、筋力トレーニングをしたりすることで食い止められる。

足を横からみると、アーチ状になっているのが土踏まずで、3つの曲線で支えられている。かかとと親指の根元、かかとと小指の根元を結んだ2つの縦アーチ。そして小指と親指の根元を結んだ横アーチだ。

足の骨を結ぶ筋肉やけんがこれらのアーチを整えている。特に重要なのが縦アーチを作る骨を引き上げる「後脛骨筋(こうけいこつきん)」。この筋肉が衰えると、アーチが崩れて隠れ扁平足になる。子どもに扁平足が多いのは筋肉が発達していないからだ。先天的に扁平足の人はいるが、問題ないケースも多い。

主な原因は運動不足や老化に伴う筋力低下とされる。太りすぎの人もなりやすいという。ハイヒールを履く機会が多い女性は特に注意した方がよい。ハイヒールを履いたときはつま先立ち状態になるため、後脛骨筋を使わなくなり衰えやすいからだ。

たこ・魚の目が兆候

やっかいなことに、座った状態で足を調べても土踏まずはあるように見えるため、隠れ扁平足か判断がつかない。真っすぐに立った状態で、土踏まずが落ちていないかをみる。また隠れ扁平足だと、足が着地するときにつま先の上がり方が低く、ドタドタした歩き方になりがちだ。

高田馬場病院(東京・豊島)の町田英一医師によると、歩くと異常に疲れたり、足裏が痛んだりするほか、たこや魚の目などができやすいといった症状が出るという。

縦アーチが崩れると、アキレスけんからかかとの骨を結ぶ線が外側に傾き、後ろから見ると「く」の字状になる。こうなると、横アーチも下がって足が広がった状態の開張足(かいちょうそく)になる。足の裏の一部にだけ力がかかるため、たこや魚の目ができるほか、外反母趾(ぼし)にもなりやすい。「外反母趾と思って調べたら、隠れ扁平足だったという例も最近は多い」と町田医師は指摘する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント