電車の中で作曲も スマホの音楽アプリ多彩にギター・ドラム…楽器演奏も楽しく

ギターやピアノ、ドラムなどの楽器演奏をいつでもどこでも楽しめる。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)など携帯端末向けにこんなアプリが増えている。インストールすれば端末が小型なので持ち運びが楽で、価格は大半が無料から3000円以下と実物の楽器よりずっと安い。通勤中など空いた時間に思い浮かんだ音楽を録音したり、楽曲を交流サイト(SNS)を通じて仲間と共有できたりするため、利用する人が初心者からプロまで広がっている。

iPhoneやiPadを楽器として使いライブを行うカズマシノさん(右)(東京都世田谷区の下北沢ERA)

「価格が安く、手軽に利用できる。iPhoneやiPadを使って、近々またバンド活動をやりたい」。都内に住む会社員、小笠原ヒロノさん(32)は仲間とバンドを組んでいたが解散。1人で音楽活動を続けようと思ったときに、手軽さに目をつけて使い始めたのがiPhone向け音楽アプリだ。

■基本的な楽器内蔵

重宝しているのが「ガレージバンド」。ギターやドラムなどの基本的な楽器がアプリに内蔵されており、操作も簡単だ。価格もたった450円。ギターやドラムを買えばそれぞれ数万円はする。「複数の楽器をいつでも気軽に持ち運べるメリットもある」(小笠原さん)

パーティーや宴会での話題づくりに活用する人もいる。東京都目黒区の男性会社員(27)は友人の誕生日パーティーで「ピアノのアプリでバースデーソングを生演奏し盛り上がった」。

歌声や楽器の演奏を録音し、ネット上に公開。気に入った人が重ねて録音するなどで合唱して楽しめる音楽コラボアプリもある。「ナナ」は8月下旬から無料公開し、約2カ月で利用者が4000人を超えた。千葉市在住の小堂美花子さん(21)は「全く知らない人が歌声を重ねてくれるなど、音楽で色々な人とつながれるのが楽しい」と話す。

同アプリを提供するnana music(米デラウェア州)は現在は日本に限定している同アプリを11月をメドに全世界で配信する方針。1年後に利用者を100万人に増やすことを目指している。

MONO TRENDY連載記事一覧