LTE、テザリング…飛びつく前に知りたい基礎知識

新型のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の登場で、LTE、テザリングなど、新しい用語を頻繁に目にするようになった。いずれも従来より数倍の速度で情報をやり取りできる通信方式や方法を指す。用語の意味を理解し、必要な機能を見極めることが、スマホを使いこなす近道だ。

LTE、現状では制約も

最新の通信方式については、LTE(エルティーイー)という用語をよく聞く。スマホで広く利用されてきた第3世代の移動通信システム(略称は3G)の次の世代にあたり、一般的には第4世代(4G)とも呼ばれる。略語の元の言葉は「長期的な進化(ロング・ターム・エボリューション)」という。

LTEのサービスは2010年12月にNTTドコモが始めた「Xi(クロッシィ)」に続き、KDDI(au)やソフトバンクモバイルにも「4G LTE」がある。米アップルの最新スマホ「iPhone(アイフォーン)5」など、各社のスマホの最新機種はLTEに対応している。

LTEは情報のやり取りが速い。スマホの閲覧ソフト(ブラウザー)でホームページを見ると、すっと表示する。実にわかりやすいメリットだが、現状では制約もある。

利用できる機種は最新のスマホに限定されている。未対応のスマホを利用している人は機種交換が必要だ。買い替えてまでLTEを使うメリットがあるか、判断は難しい。

通信が安定しないこと多い

LTEは利用できる地域(エリア)が限定され、サービス会社によってエリアも異なる。都心部であれば各社とも利用エリアはかなり広い。それでもよく利用するエリアでLTEがつながるかどうか、確認はしたほうがよい。

困ったことに現状では、カバーされているはずのエリアでもLTEの通信が安定しないことが多い。LTEが不安定だと従来の3Gの通信方式に切り替わったりする。

LTEで高速通信が可能になると、以前より多くのデータが受信できるようになる。ただたいていの場合、1カ月単位で通信量に制限がある。現状は月決めで7ギガバイトが上限の目安になることが多い。それ以上は別料金になったり、通信が遅くなったりする。

どのくらいで上限に達するだろうか。従来通りにスマホを使うなら、上限を超えることはあまりない。上限が問題になるのは「テザリング」という新しい使い方だ。

次のページ
スマホが無線LANの拠点に
MONO TRENDY連載記事一覧