新橋演舞場10月公演幸四郎の弁慶、団十郎の富樫に納得

先月と同じく今月も昼夜とも2演目ずつで、終演時間も早い。コース料理なら1品少ない感じだが、「御所五郎蔵」で平素は上演されない「腹切(はらきり)の場」を出すなど、単なる時間短縮に終わっていないところに配慮がうかがえる。

「七世幸四郎追遠(ついおん)」と銘打ち、眼目はその孫に当たる当代の幸四郎と団十郎が「勧進帳」の弁慶と富樫を昼夜で交代するという趣向だ。両者の年齢を思えばその意気や壮というべきだろう。長老の坂田藤十郎が昼夜にわたり義経、もう1人の外孫・友右衛門が亀井六郎を勤める以外は配役ばかりか長唄囃子(はやし)まで昼夜で交代する。

団十郎は弁慶の稚気、富樫の剛直さに個性を見せ、幸四郎は弁慶で情理の仕分け、富樫で理非曲直の仕分けを明確に見せる。いずれを取るかは見る者の好みだが、評者としては幸四郎の弁慶、団十郎の富樫の夜の部の方が腑(ふ)に落ちた。長唄で進行する松羽目物で演技に理が勝ちすぎると曲の均衡を崩す恐れがある。藤十郎の義経は能の子方の味でさすがというべきか。

「国性爺(こくせんや)合戦」と「御所五郎蔵」は当初、染五郎と松緑という七世幸四郎のひ孫同士の顔合わせが見どころの企画だったが、染五郎の不慮の事故で甘輝と五郎蔵をベテランの梅玉が代わって、ぐっと大人の芝居になった。甘輝の沈着と五郎蔵の軽みに余人にない味がある。特に五郎蔵は「腹切の場」を出して、前段の華やかさとの対照が興味深い。ここは芝雀の皐月(さつき)の好演も功労賞物。「国性爺」の錦祥女(きんしょうじょ)といい、この人の実力はもっと光が当てられていい。松緑は和藤内(わとうない)の稚気と土右衛門の敵役ぶりに素朴な味がある。「国性爺」で秀太郎が渚(なぎさ)、歌六が老一官(ろういっかん)で老練な脇役ぶり。25日まで。

(演劇評論家 上村 以和於)