サイバー攻撃でどんな被害が起きるの?

イチ子お姉さん 政府(せいふ)や企業(きぎょう)のホームページを使えなくしたり、重要(じゅうよう)な情報(じょうほう)を盗(ぬす)んだりするサイバー攻撃(こうげき)を防(ふせ)ぐために、国が体制(たいせい)を強化するそうよ。
からすけ 何だか戦争(せんそう)みたいだね。サイバーってインターネットの世界のことでしょう?そこで今、どんなことが起きてるの?

社会の中枢被害だと混乱

イチ子 戦争と言っても言い過(す)ぎではないかもね。アメリカは核関連施設(かくかんれんしせつ)のコンピューターのプログラムを狙(ねら)った攻撃を「サイバー戦争」と言ってるの。コンピューターが誤(あやま)って動いてしまったら、被害はとてつもなく大きくなるからね。

からすけ 確(たし)かに危険(きけん)だね。

イチ子 これまでは陸地(りくち)や海、空が戦場になってきたけれど、今はこの3つのほかに「宇宙(うちゅう)」とインターネット上の「サイバー空間」をアメリカは新たな戦場と位置(いち)づけているのよ。

からすけ ちょっと大げさな気もするな。

イチ子 でも、2007年に北欧(ほくおう)のエストニアという国でこんなことが起きたの。サイバー攻撃を受けた結果(けっか)、銀行からお金が引き出せなくなったり、電気や水道の一部がストップしたりしたの。みんなの生活が混乱(こんらん)したこともあって、この事件(じけん)は「サイバーテロ」と呼(よ)ばれてるのよ。

からすけ なんでそんなことになったの?

イチ子 お金の出し入れは銀行の窓口(まどぐち)に行かなくてもATMという機械(きかい)でできるでしょ。最近(さいきん)は家のパソコンで振り込みもできるわ。電気や水道もそうだけど、コンピューターとネットワークを利用(りよう)して管理(かんり)できる時代になったから、そこに攻撃を加えられると大きな影響(えいきょう)があるの。