世界の99%を貧困にする経済 ジョセフ・E・スティグリッツ著現代米国社会の不平等是正を提案

2012/9/10

現在、米国をはじめとしたすべての先進諸国において、グローバル化と情報技術革新が労働力の二極化をもたらすように作用している。しかし、とくに米国では、この「市場の力」の働きを緩和するセーフティーネットが十分に存在せず、むしろ「政治の力」で、その働きが富裕層に都合良く増幅させられてきた。

(楡井浩一・峯村利哉訳、徳間書店・1900円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

 その結果、この間の米国では、上位1%だけが成長の成果を享受する一方で、残りの99%の中下層の人々の生活水準は向上するどころか悪化してきた。こうした現実は、住宅価格バブルによって一時的には覆い隠されてきたが、金融危機後は白日の下にさらされるに至っている。

 著者のスティグリッツ教授は、いまや米国は機会均等の地どころか欧州以上に階級格差が拡大し、民主主義も機能不全に陥った不平等社会になってしまったと激しく指弾する。本書は、こうした現状認識に基づいて、現代米国の政治・経済メカニズムを分析し、そのゆがみを正すための経済改革を提案している。

 海外に仕事をアウトソーシングできる機会が広がったことは、労働者の交渉力を弱めることになる。このことをうまく利用して、上位1%の人々は自らの利益にかなった政治・経済ルールを作り上げ、そうしたルールが正当なものだという信念を社会に広めることにも成功してきた。

 すなわち、現在の米国における不平等は、真空の中での市場の力によって作り出されたものではなく、政治の力によって形成されたものである。それゆえ逆にいうと、政治改革を行い、大胆に経済政策を変更すれば、現状を是正し、格差を縮小することは可能だというのが、本書の基本的な主張である。

 日本の格差水準は米国との比較では相対的に穏やかなものであるが、このことは日本の上位1%が米国ほどうまく立ち回ってこなかったからなのか、政府の対応が結果的に良かったからなのか。本書はもっぱら米国について論じたもので、日本への直接的な言及はない。しかし、こうしたことを考える素材を豊富に提供してくれている点で、本書を読む価値はある。

(慶応義塾大学教授 池尾和人)

[日本経済新聞朝刊2012年9月9日付]

世界の99%を貧困にする経済

著者:ジョセフ・E・スティグリッツ.
出版:徳間書店
価格:1,995円(税込み)

今こそ始める学び特集
今こそ始める学び特集