紅茶には低脂肪乳

尿路結石はいったん治療しても再発しやすく、患者の3割にも達する。そこで重要になってくるのが食生活の工夫だ。「シュウ酸や脂肪が多い食事をとると、尿中のシュウ酸濃度が上がり結石が出来やすくなる」(荒川センター長)

肉ばかりの偏った食事を避けるほか、ホウレンソウやタケノコなどシュウ酸が多い食べ物の取り過ぎはやめよう。水分を補給するのはおすすめだが、紅茶やコーヒーにもシュウ酸が含まれるため、なるべく低脂肪のミルクを組み合わせて飲むようにする。こうすれば、腸内でシュウ酸とカルシウムが結合し大便として排出される。

最近では20代男性や女性でも発症例が増えている。偏った食事メニューや夜遅く食べることなどが影響しているようだ。こうした食習慣は尿路結石だけでなく、糖尿病や高脂血症などにもつながる。健康診断で中性脂肪や尿酸値が高かった人は、尿路結石のリスクにも直面していると考え、生活スタイルを見直すきっかけにしたい。

(草塩拓郎)

[日本経済新聞夕刊2012年8月10日付]

「病気・医療」の記事一覧はこちら

日本の健康経営を推進するポータルサイト

健康経営優良法人認定制度における申請受付をはじめ、健康経営銘柄・健康経営優良法人認定企業の紹介、事例やデータ等を掲載。

>> 詳細はこちら