夏に増える尿路結石 30~50代男性ご注意食習慣見直し再発防止

突然、激痛に襲われる尿路結石は、汗をかき尿が濃くなる夏に増える。食生活の欧米化などが影響しているといわれ、結石ができる場所や大きさなどに応じて薬や衝撃波、内視鏡など様々な治療法がある。再発しやすいため、食生活の改善などが重要だ。

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)にたまり、最後は尿道から体外に排出される。この尿路と呼ぶルートの途中で詰まるのが尿路結石だ。尿の流れが滞ると激しい痛みを引き起こす。

結石のできる場所で名前が付いており、腎臓なら腎臓結石と呼ぶ。結石が尿管に降りてくれば尿管結石となる。大半は腎臓で作られるが、膀胱でできるケースもある。

石といっても成分はシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウム、尿酸などだ。尿中の物質に、シュウ酸やリン酸などが加わりながら成長する。

日本人の1割患う

尿路結石は日本人の約1割が一生のうちに患うといわれ、30~50代の男性に多い。詳しい原因は分かっていないが、食生活の欧米化などが影響していると専門家はみている。帝京大学医学部の堀江重郎主任教授は「汗をかく夏場には尿が濃くなり、結石が成長しやすくなる」と指摘する。

尿路結石は下腹部や脇腹などに激しい痛みが表れ、吐き気や冷や汗を伴うケースが多い。周囲の粘膜を傷付け、血尿が出ることも。ただ、結石が小さい場合は、尿と一緒に自然に排出されることもある。また、常に激痛がするとは限らず、鈍痛の場合もある。これを放置すれば腎臓に尿がたまって腫れ、腎機能の低下を招くので要注意だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント