五輪開催国はメリットばかりなの?

イチ子お姉さん ロンドンオリンピック(五輪)がいよいよ開幕(かいまく)するわね。ところで、東京も2020年に五輪開催(かいさい)を目指しているって、知ってた?
からすけ 聞いたことあるよ。もし開催されたら、間近(まぢか)で選手(せんしゅ)の活躍(かつやく)を見られるチャンスだね。でも、それ以外(いがい)にいいことってあるのかな?

観光客が増え、交通網整う

イチ子 オリンピックの開催地には世界中から大勢(おおぜい)の選手や観客(かんきゃく)が集まるわね。その人たちはホテルに泊(と)まったり、レストランを利用(りよう)したり、大会のマスコット人形を買ったり、たくさんのお金を使うはずよ。だから、開催地はもうかって、プラスの効果(こうか)があるのよ。

からすけ どのくらいもうかるのかな?

イチ子 ロンドン大会では約6700億円の効果があるといわれているわ。2020年に東京大会が開催されたら、3兆円の効果があると東京都は予想(よそう)しているのよ。

からすけ すごいね。ホテルやレストランで働く人以外にもいいことはあるの?

イチ子 大会に来る大勢の観客を運ぶために道路や鉄道ができて、移動(いどう)が便利(べんり)になることもあるわ。1964年の東京オリンピックでは東海道(とうかいどう)新幹線(しんかんせん)や高速道路(こうそくどうろ)がつくられたの。2008年の中国の北京大会でも地下鉄の路線(ろせん)を増(ふ)やして、空港も大きくするなどしたわ。大会で街(まち)がずいぶん近代的になったのよ。

からすけ でも、ロンドンにはもう十分に鉄道も道路もあるんじゃないの?

イチ子 そうね。その代わりにロンドンではオリンピックをきっかけに街を大改造(だいかいぞう)したの。古い工場や小さな家が立ち並(なら)んでいた地域(ちいき)に8万人を収容(しゅうよう)する大きな競技場(きょうぎじょう)を建設したわ。ショッピングセンターも近くにつくったから、仕事のない若者(わかもの)たちの働く場所もできたのよ。

注目記事
次のページ
費用膨らめば借金も
今こそ始める学び特集