N
働き方・学び方
イチからわかる

2012/7/25

イチからわかる

からすけ ほかにいいことってあるかなあ……。そうだ、大会中に街の様子が新聞やテレビで取り上げられると宣伝(せんでん)にもなるよね。

イチ子 そう。オリンピックが終わった後も、観光客が増えるのはいいことね。それから、競技場などスポーツ施設ができて、市民の楽しみも増えるわ。64年の東京大会でつくられた国立競技場や代々木体育館では今もスポーツ大会が開かれてるわ。

からすけ いいことばかりだね。

イチ子 そうとも限(かぎ)らないの。大会を開くのにお金がかかりすぎるのが問題(もんだい)とされているわ。世界中から選手を呼(よ)んだり、テロ対策(たいさく)などで警備員を雇(やと)ったりするのに数千億円というお金がかかるの。競技場を建てたら、さらに必要(ひつよう)なお金は増えるわ。

費用膨らめば借金も

からすけ 損(そん)をしたら大変(たいへん)だね。

イチ子 76年のカナダのモントリオール大会では大赤字になり、借金(しゃっきん)を返すのに30年もかかったの。2004年のギリシャのアテネ大会では空港をつくるなど、たくさんお金を使ったわりには、世界中からお金が集まらず、借金が増えて今のギリシャ危機(きき)の原因のひとつになったのよ。

からすけ ロンドン大会は大丈夫(だいじょうぶ)なの?

イチ子 大会を開くには約2500億円が必要らしいけど、世界中のテレビ局が競技を放送する権利(けんり)を得(え)るために払(はら)うお金や、飲料(いんりょう)や電機(でんき)メーカーなどからの広告料(こうこくりょう)でほとんどは賄(まかな)える予定よ。ただ、競技場などをつくったお金は含(ふく)んでいないけどね。

からすけ それなら少し安心だね。

イチ子 そうね。近代オリンピックが始まった1896年の第1回アテネ大会のころは、お金持ちからの寄付(きふ)や記念切手の売り上げなどで費用(ひよう)を集めていたらしいから、ずいぶん変わったわね。

からすけ 東京でもオリンピックが開かれたらうれしいけど、ほかに開催を目指している都市はあるの?

イチ子 2020年大会の開催地にはスペインのマドリードとトルコのイスタンブールが立候補(りっこうほ)しているわ。

注目記事
次のページ
国や企業から選手に報奨金