海外旅行、アプリが案内役 翻訳・為替計算もラクラク

もうすぐ夏休み。格安航空会社の就航やロンドン五輪の開催などを受け、今年は海外旅行を計画している人も多いだろう。だが、なれない土地では勝手が分からず不安もある。そんな時にはスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のアプリ(応用ソフト)が助けになりそうだ。翻訳や為替計算など様々な機能を使いこなそう。

日本語の例文を選ぶと、外国語の表現を文字と音声で出力する(世界会話手帳)

東京都内のIT(情報技術)関連企業に勤める森下麻由美さん(32)は5月上旬、友人と2人でインドネシア・バリ島に旅行に出かけた。買い物に活用したのは、通貨換算アプリ「eCurrency・通貨のコンバーター」(アイフォーン用)だ。通貨を2つ選び、数字を入力するとレート換算ができる。

現地通貨ルピアはなじみがなく、相場感がつかみづらい。森下さんは出国前に同アプリをスマホに搭載。旅の前半から使っていたが「後半になると、高値づかみをしていたことに気づいた」という。それからは「値切り交渉をして、小物類を安く手に入れることができた」。

スマホはネットにつながりさえすれば、国内外を問わず様々なサービスを利用できる。

例えば、旅行口コミサイト、米トリップアドバイザーの公式アプリでは、旅行者が投稿したレストランなどの感想を読むことができる。英語のコメントも多いが「主要都市の人気レストランで、日本語の口コミがない店舗を優先して翻訳作業を進めている」(日本法人)。

■対応言語数増やす

翻訳・外国語会話アプリもある。情報通信研究機構(東京都小金井市)は従来の翻訳アプリを刷新し、近くアイフォーン用の「VoiceTra4U―M」を出す。端末に話しかけると別の言語に翻訳し発音する。音声で入力・出力ともできる言語数を6から13に増やした。

MONO TRENDY連載記事一覧