2012/5/23

イチからわかる

からすけ せっかくお金をかけて集めても、ゲームの中だけのカードだよね。何だかもったいないな。

イチ子 カードが現実(げんじつ)のお金に換(か)わることもあるのよ。ネットにはみんなが商品を持ち寄(よ)って売買する競売(けいばい)サイトというものがあるわ。カードは利用者同士で交換できて、実際(じっさい)に売買されているの。ゲーム会社は規約(きやく)で禁じているけど、いくつもカードが売り出され、珍しい物は数万円で売買されていたのよ。

お金払っている感覚薄く

からすけ 珍しいカードはそんなに役に立つのかな。

イチ子 ゲームを楽しむより、カード集めにはまる人が多いみたい。収集(しゅうしゅう)が好きな人は昔(むかし)からいて、何度もブームがあったの。1970年代の「仮面(かめん)ライダーカード」、80年代の「ビックリマンシール」と、お菓子(かし)のおまけ集めに子どもたちが夢中になって、お菓子は捨(す)てる子もいて問題になったらしいわ。

からすけ 昔はすべて本物のカードだよね。ネットの中のカードと何か違うの?

イチ子 ネットでは、お店で買い物するより、お金を払(はら)っているという感覚(かんかく)が薄(うす)れやすいという意見もあるの。画面をクリックすれば簡単(かんたん)に買えるし、その場で現金を払わないからつい買いすぎてしまうのね。

からすけ はまってお金を使いすぎるんなら、パチンコや競馬(けいば)も同じじゃないの?

イチ子 パチンコは18歳未満(みまん)はできないし、競馬も20歳未満はお金をかけることが法律で禁止されているわ。それに国や自治体(じちたい)が管理(かんり)をしているの。でも、ソーシャルゲームは新しい遊びだから、まだ細(こま)かいルールがないのよ。

注目記事