マネー研究所

得々家計

家庭で水の宅配 賢く選ぶコツと注意点

2012/5/23 日本経済新聞 プラスワン

 サーバーのメンテナンス料も各社で違う。アクアクララは月々のレンタル料に含み別途発生しない。ナックは年間5250円。ともに1年間に1度、定期メンテナンスを実施する。サントリーはサーバーに不調が見つかった時には新品との交換で対応する。

 電気代は利用の仕方にもよるが、だいたい1カ月で1000円~2000円程度。アクアクララの省エネタイプは同社の一般タイプに比べレンタル料が月525円高くなるが、消費電力を最大65%カットできる。

■解約手数料が発生するケースも

 価格面のほか、頭に入れておきたいのは配送方法だ。サントリーは「毎月第1土曜日に2箱」など自分の都合に合わせて定期配送を登録する。アクアクララは原則、必要になった時に昼までに注文すれば、おおむね翌日には届けてもらえる。ナックは2週間に1度の定期配送と、宅配便を使った配送のどちらかを選べる。

 ほとんどの業者は「1回の注文で2本以上」といった最低本数を定めている。また決められた期間に一定本数以上購入しない場合は、無料のレンタル料が有料になるなど追加料金が発生するところがある。一定期間内に解約した場合は解約手数料が必要なこともあるので注意が必要だ。

 水の入れ物は、使い終わったら返却して再利用する「リターナブルボトル方式」が多く、ナック、アクアクララなどが採用している。一方、サントリーはポリエチレンバッグが段ボール箱に入った「バッグインボックス」というタイプ。飲み終わったら自分で処分する。

 サーバー型だけでなく、ネットショップでペットボトルの水を購入し配送してもらうのも「水の宅配」と考えれば選択肢は広がる。イトーヨーカドーのネットスーパーは一定金額以上の買い物をすれば配送料が無料になり、イオンは5000円未満でも配送料は105円。自分の生活、好みに合ったものを選びたい。

(下前俊輔)

[日経プラスワン2012年5月19日付]

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL