<38年に大規模データ障害? 同一基本ソフトの普及が要因に>

これまでにも様々な「××年問題」が話題になった。その中でも、コンピューターの「2000年問題」は様々な分野でトラブルが起きかねないとして注目を集めた。事前の対策が徹底されたこともあって実際には深刻なトラブルはほとんどなかったが、コンピューターの分野では「2038年問題」の存在も指摘されており、2000年よりも大きな影響が出る可能性がある。

2000年問題の際に行われた株式売買システムの稼働テスト (東京証券取引所)

「2038年問題」は、コンピューターの基本ソフト(OS)として普及した「UNIX」の32ビット版などの内部で、時刻を「1970年1月1日0時0分0秒から何秒後か」で表すことが原因で起きる。この方法で表現できる最大値は2の31乗マイナス1(約21億秒)で、38年1月19日3時14分を過ぎると誤動作の恐れがあるという。

38年というとずいぶん先のことのように思えるが、問題はコンピューター内で約21億秒までしか扱えないことにあるため、それより大きなデータを処理しようとすれば、38年よりずっと前でもトラブルが起きる可能性がある。実際、04年1月11日に国内の銀行約20行で起きたATMトラブルは、この「2038年問題」が原因だったとされている。

(宮田佳幸)

注目記事