MONO TRENDY

デジタルライフ

スマホでもスポーツ観戦 大リーグ・プロ野球…視聴手軽に

2012/4/13 日本経済新聞 夕刊

大好きな選手が出場する試合があるけど、所用で外出しないといけない――。そんな時に便利なのが、スポーツ番組の生中継や特集番組のインターネット配信だ。パソコンだけでなくスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)でも視聴でき、屋外でも手軽にスポーツ観戦を楽しめるようになった。

ソフトバンク子会社のTVバンクが提供する「パ・リーグチャンネル」。ユーチューブでハイライト映像を楽しめる

打球は鋭い弧を描き、右中間を抜けていく。マリナーズの川崎宗則内野手が三塁に滑り込むと、球場中から大きな歓声が沸き起こった――。

■1試合限定で無料

ヤフーと子会社のGyaO(ギャオ、東京・港)、博報堂DYメディアパートナーズは今年から米メジャーリーグベースボール(MLB)の試合をインターネットで生中継している。ギャオの動画配信サイト「GyaO!」にアクセスし、特設ページ「MLB.JP」を開けば誰でも視聴できる。毎日1試合限定だが、広告収入で運営しており無料だ。

配信するのはレンジャーズのダルビッシュ有投手やオリオールズの和田毅投手、ブルワーズの青木宣親外野手ら話題の日本人選手が出場する試合が中心。10日にはダルビッシュ投手が初登板したマリナーズ戦を中継し、多くの視聴者を集めた。

ギャオ企画部の丸山修二さんは「MLBの試合は日本時間の早朝から昼にかけて行われることが多く、家のテレビで見ることが難しいが、ネット配信だと仕事の合間や外出先でも視聴できる。特に今年は多くの日本人選手が渡米しており、がぜん注目を集めている」と話す。

現在のところ生中継はパソコンのみだが、日本人選手が出場した試合のダイジェストやインタビュー映像などのコンテンツはスマホとタブレットでも視聴できる。ダイジェスト映像は生中継が終わった数時間後には配信を始めている。

もっとMLBの試合を楽しみたいファンには、MLBの関連会社が運営する「MLB.TV」がおすすめ。年会費約1万円でMLBの全試合をスマホなどで視聴できる。残り試合数が少なくなるごとに価格も下がるため、ひいきのチームが優勝争いに残っているタイミングで申し込むことも可能だ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL