その胃もたれ・胃の痛み 機能性胃腸症の疑いもストレス・早食いなど悪影響

最近どうも胃の調子が悪い。食後に胃がもたれたり、みぞおちが焼ける感じがしたりする。こんな症状を覚えたら、「機能性胃腸症」かもしれない。患者が多い病気の一つで、ストレスが関係しているといわれている。ストレスを解消し、生活習慣を見直すことが有効だ。

機能性胃腸症の診断は、症状の確認から始める(杏林大提供)

日本人の8人に1人が患者

機能性胃腸症は聞き慣れない名前だが、実は日本人の8人に1人が患者とする見方もあるほど、ありふれた病気だ。昔は「胃下垂」や「胃アトニー」などと呼ばれ、最近までは「神経性胃炎」「慢性胃炎」などと診断されていた。

従来は内視鏡などで調べても潰瘍やがんが見つからないため、「気のせい」とされてしまうケースもあったが、近年は医師の間でも認知度が上がっているという。医学的にも、胃の粘膜に異常がないのに炎症があることを示す「胃炎」と呼ぶのは正確ではないなどの理由から、機能性胃腸症と呼ばれるようになった。

典型的な症状は食後の胃のもたれや痛み、みぞおちの痛みなどだ。これらが半年以上続き、さらに直近の3カ月間は胃もたれなどが週に数回、みぞおちの痛みや焼ける感じが週に1回以上あれば、この病気の疑いがある。

子供から高齢者まで年齢や性別を問わずに発症するが、特に多いのが働き盛りのサラリーマンなど。最近では親の介護を抱える人たちでも発症者が増えているという。

この病気はストレスが深く関係していると考えられている。杏林大学医学部の高橋信一教授は「不安やストレス、過労などで自律神経のバランスが崩れたりすると、胃の機能にも影響が出てくる。それがもたれや痛みを招いている可能性が高い」と解説する。

胃は食べ物を胃酸で消化し、徐々に十二指腸に送り込む機能を持っている。ところがストレスなどを感じて、胃の動きが悪くなると、食べ物と胃酸が胃の出口付近にたまり、一緒に十二指腸に流れ込んでしまう。このときの胃酸などの刺激が、胃もたれやみぞおちの痛みのもとになる。

食事をするとすぐにおなかがいっぱいになると訴える例もある。これは胃の動きが鈍くなっているため、胃に食べ物が入っても、胃の上部が拡張せずに満腹と感じてしまうのだという。さらに、十二指腸や胃が知覚過敏になっている場合は、胃酸による比較的弱い刺激でも痛みや焼ける感じなどが表れる。

次のページ
早めの受診が大事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント