かゆみって何? 進むナゾ解明

花粉が飛び交う今の季節、かゆみに悩まされる人も多い。なんともいえない不快感だが、メカニズムの解明が進んでいる。一時的にかゆみを忘れさせてくれる「裏技」や、かゆみのタイプ別に対処法も分かってきた。

自然科学研究機構で開発されたかゆみを作り出す装置は、かゆみのメカニズム解明に貢献している

愛知県岡崎市にある自然科学研究機構には、世界初の「かゆみ発生装置」がある。手首に切手大の電極を付けてもらい、スイッチが入ると手のひらが軽くしびれたような感じがし、続いてチクチクするセーターを着た時のような無性にかきたくなる感覚がわいてきた。皮膚の表面のごく浅いところにだけ届く微弱な電流がかゆさを引き起こす。

紛らわせる手段も

「かきたくなる感覚」。かゆみの定義はこう表現するしかない。治りかけの傷がかゆいと感じることもあり、かゆみは弱い痛みだとされたり、痛点や温点のような「かゆみ点」は皮膚に存在しないといわれたりしてきた。だが、探すとちゃんと「点」も、伝達速度はとても遅いが感覚を脳に伝える「かゆみ神経」もそろっていた。

脳でもかゆみは独立した感覚として認識されている。かゆみ発生装置でかゆさを感じている男性10人の脳の中を磁気共鳴画像装置(MRI)で観察すると、全員の大脳の楔(けつ)前部に特徴的な反応が見つかった。痛みでは反応しない部分で「かゆみ中枢かもしれない」と装置開発者の望月秀紀・特任助教はいう。

かゆみもれっきとした1つの感覚であることが分かってきたが、ゆっくりと脳に届くということは感覚の中で優先順位が低い証拠。実は脳は一度に2つ以上の感覚が入ってくるとさばききれない。身の危険にかかわる痛みや熱さ、冷たさの方が当然、感じやすい。

この仕組みを利用すると、かゆみを消す「裏技」が可能になる。かゆみ発生装置でかゆくなっていた人に保冷剤を渡すと、かゆみは不思議と消える。確かに脳でもかゆみは感じていないことが確認できた。「蚊に刺された跡をつめで強く押すのは、痛みの利用で実は理にかなっている」(望月特任助教)

かゆみに苦しめられる人はたくさんいる。「痛みは我慢できるが、かゆみは無理だ」と、両方に悩まされる人は痛みよりも苦痛と訴えるほど。この不快な感覚がどうして人間の体に備わっているのだろうか。順天堂大学浦安病院の高森建二院長は「体のバランスがどこか崩れていることを知らせる大事な警告」と説明する。