先生、モモンガの風呂に入ってください! 小林朋道著動物行動学、独特の視点で解説

2012/3/23付
(築地書館・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

鳥取環境大学を中心とした自然豊かな地域で起きる動物と人間の驚くべき事件! 動物行動学を専門とする「先生」が一風変わった視点で解説もしくは解決してくれるシリーズの第6弾だ。

 話題の中心は題名のとおり「モモンガ」なのだが、今回はモモンガの生態や遭遇エピソードだけでなく、モモンガの棲(す)む環境そのものに先生が積極的に関わって、いろいろな事件が勃発する(何が起きたのかは本を読んでください)。

 もちろんモモンガだけでなく、海、山、洞窟など、豊かな自然の中で生きるたくさんの生きものたちの面白エピソードも満載だ。

 でもやはり、一番面白いのは先生の生態および行動だろう。深夜、たった一人で洞窟に入り、未知の生命体と対峙するとか……「ヘッドライトをミニ地底湖のほうに向けた、その先に、水の中をかなり大きな影が動くのを私は見た。(中略)人は、私以外には誰もいない。雪が降り積もった、人里離れた山中のコウモリ洞窟の奥、漆黒の闇の底に広がる地底湖である」……まるでホラー小説みたいではないか(笑)。このシリーズ、完全にハマりました。

★★★★

(サイエンスライター 竹内薫)

[日本経済新聞夕刊2012年3月21日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

先生、モモンガの風呂に入ってください!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

著者:小林 朋道.
出版:築地書館
価格:1,680円(税込み)