女性に多い病気、甲状腺疾患 免疫機能損ね自己攻撃

病気の中には性別の違いで発症率が大きく異なるケースや、薬の使い方などに差が出る場合などがある。女性に多い病気の最新事情を報告する。1回目は自己免疫疾患の一つである甲状腺の病気を取り上げる。

動悸(どうき)や息切れがする、疲れやすい、イライラする、やせてしまった、皮膚がかさつく――。こんな症状が出た場合、「仕事などで疲れているからかな」とか、中高年女性の場合は「更年期障害が始まったのかな」などと思うかもしれない。だが、甲状腺の病気が原因で起きている可能性もある。

性ホルモン影響か

のどにある甲状腺はホルモンを分泌し、全身の細胞の働きを活発化する機能を持つ。甲状腺ホルモンが多すぎても足りなくても様々な症状につながる。ホルモン過剰で起こるのが「バセドウ病」。女性の200人に1人がこの病気を持つとされ、男女比は1対4の割合で女性に多い。患者数のピークは30歳代前半で、20歳代の発症も少なくない。

この病気では甲状腺にできる「自己抗体」という物質が甲状腺を刺激し、甲状腺ホルモンを大量に分泌する。ホルモンによって新陳代謝が促され、いつも運動しているのと同じ状態になり、汗を多くかくようになる。首元も腫れてくる。過剰な働きを強いられる心臓などにも負担となる。

逆に、甲状腺ホルモンが足りないと「橋本病」を引き起こす。自己抗体が甲状腺を破壊し、甲状腺ホルモンの分泌量を低下させる。元気が出ない、記憶力低下、食欲不振、便秘などの症状が出る。

橋本病は特に女性の比率が高く、患者の94%を占める。20~30人に1人の女性がこの病気を持つ。ただ、甲状腺ホルモンが不足し治療が必要なのは約3分の1にとどまる。

この2つの病気はともに自己免疫疾患に分類される。病原体など外敵から身を守る免疫システムがおかしくなり、自分自身を攻撃してしまう。女性に多いのが特徴で、皮膚の異常や関節の痛みなど体に様々な症状が出る「全身性エリテマトーデス」も男女比は1対9。「関節リウマチ」も女性が約4倍多い。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント