働き方・学び方

イチからわかる

清潔な部屋・科学発展…花粉症は先進国で増加中

2012/3/7 日本経済新聞 朝刊

イチ子お姉さん 今年もスギの花粉が飛び始めたわ。去年より少ないらしいけど、油断は禁物ね。花粉症はしつこいアレルギーの病気だから……。
からすけ お姉ちゃんは毎年この時期、ティッシュが手放せないよね。でも、花粉症は病気なの? アレルギーって、よく聞く言葉だけど。

■害がないのに敏感に反応

イチ子 アレルギーは、ギリシャ語で「変わった」という意味の「Allos」と、「反応」という意味の「Ergon」を合わせてつくった言葉なんだって。

からすけ 変わった反応?何と比べて変わってるの。

イチ子 人間の体は外から入ったものを見極(みきわ)めて、病気のウイルスのように、敵(てき)と判断(はんだん)したものを抗体(こうたい)と呼ぶたんぱく質が攻撃(こうげき)する働(はたら)きがあるわ。これを免疫(めんえき)というけど、アレルギーは本来の働きとは違(ちが)う反応をする病気なの。

からすけ どんなふうに?

イチ子 アレルギーにかかると、例えば花粉のように本当は体に害にならないものまで敵と判断してしまい、必要以上に抗体をつくって攻撃し続けてしまうの。花粉症で鼻水や涙がたくさん出るのは、敵から体を守ろうとする過剰(かじょう)防衛(ぼうえい)の症状といえるわ。

からすけ 食べ物でアレルギーになる人もいるよ。

イチ子 アレルギーのもとになるものは3つのタイプがあるわ。花粉やほこりのように鼻や口から吸い込むもの、小麦や卵などの食べるもの、それと金属(きんぞく)のような触(ふ)れるもの。こういうものが体に入ったり触れたりすると、くしゃみやせきが出たり、皮膚(ひふ)が赤くなったりするわ。

からすけ 友達にも花粉症の人や食べ物アレルギーの人がいるけど……。

イチ子 アレルギーは文明病ともいわれる病気で、先進国でかかる人が増えているの。アレルギーなどがもとでぜんそくになる日本の小学生は、1980年代は全体の1%程度だったのに、今は約4%にまで増えているわ。食べ物でも、イチゴやモモなどの果物を食べてじんましんが出る人が増えているそうよ。

働き方・学び方 新着記事

ALL CHANNEL