エンタメ!

何でもランキング

休日華やぐ ティーバッグの紅茶 何でもランキング 国内の専門店が上位に

2012/2/18 日本経済新聞 プラスワン

休日にのんびりしたいときや、仕事で疲れたときなど、一杯の紅茶があるとほっとするもの。紅茶は産地や茶葉によって様々な個性がある。春のティータイムにふさわしい茶葉を、紅茶研究家らに試飲した上で、選んでもらった。

1
1160ポイント
「ダージリンオータムナル シンゲル農園」ジークレフ
桃、バナナ、マンゴーなど熟成した南国果実を思わせるフルーティーな香りで、ふくよかなうまみを持つ。レモンイエローの淡い色合いの液体には、蜜を溶かしたようなとろみがある。繊細かつまろやかな味わいで、独特の優しく甘い余韻が長く続く。
「甘い香りにクリアな色。誰もが親しめる味わい」(高野健次さん)、「上質なダージリン特有の甘い香り」(下井美奈子さん)、「香りと渋みのバランスが良い芳醇(ほうじゅん)な味」(桑原珠玉さん)、「チョコレートなどと一緒に味わいたい」(畔田隆弘さん)
(1)10個入り(2)袋タイプ945円(3)www.gclef.co.jp/、0422・21・4812(月~金10:00~19:00)
2
1060ポイント
「桃の花」リーフルダージリンハウス銀座
ネパール産の春の手摘み茶葉に、国産の桃の花びらと白桃の香りを添えたフレーバーティー。渋みが少なく、若々しい味わいの季節限定商品。湯を注ぐと、若々しい茶葉と桃の花びらがふっくら膨らみ、彩りも美しい。清らかで甘酸っぱい香りが春にぴったり。
「草木が芽吹くヒマラヤ山麓の春の息吹を感じる優しい香味。ちらしずしなど和食とも合う」(野中嘉人さん)、「花と果実の上品で甘い香り。休日の遅い朝食時にゆっくり味わいたい」(畔田さん)、「気品ある花の香り。華やいだ気持ちにさせてくれる」(桑原さん)
(1)4個入り(2)787円(3)www.leafull.co.jp/、03・6423・185
3
660ポイント
「ダージリン」ティージュ
甘さと渋みの調和のとれた王道のダージリン。美しいだいだい色の紅茶を口に含むと、まろやかで上品な味わいと、ほどよい渋みの爽やかな余韻を感じる。細かな茶葉を使用しているため抽出しやすい。正統派でしっかりした茶葉ながら、値段は手ごろ。
「スコーンやクッキーを用意して、お気に入りのカップで丁寧に楽しみたい味。お客様に出しても安心できる正統派」(aiko*さん)、「優しい香りだが、しっかりとダージリンらしい渋みもあるのがいい。玄人好みの紅茶」(こすだゆきこさん)
(1)10個入り(2)525円(3)www.teej.co.jp/、03・3721・8803
4
580ポイント
「イングリッシュブレックファストティー」TWG Tea
英国の伝統の朝食に合わせて、というコンセプトで作ったスリランカ産の紅茶。濃厚で力強い味わいとほのかに花のような香りが漂う。ミルクティーにおすすめ。卵、ベーコンなどと一緒に。
「サンドイッチにも合う」(秋山浩通さん)
(1)15個入り(2)1900円(3)www.twgtea.com/、03・3718・1588
5
520ポイント
「クイーンヴィクトリア」セントクリストファー
19世紀英国のヴィクトリア女王から連想したブレンドティー。爽やかなダージリンに、アッサムを配合し香り高く仕上げている。ミルクを入れるとまろやかに。
「フルーティーな香りと引き締まった味わい。甘いチョコレートをつまみながら」(野中さん)
(1)5個入り(2)630円(3)www.stc-inter.co.jp/、03・3717・1140
6
510ポイント
「ダージリン」ベノア
透明感あるオレンジがかった色合い。マスカットのようなフルーティーな香りに、クセのないまろやかな渋みが特徴で、ストレートで味わうのに向く。すっきりとした味わいなのでアイスティーや食事と一緒に。
「香ばしさが心地よい」(磯淵猛さん)
(1)8個(2)525円(3)www.benoist.co.jp/、0120・010・688
7
460ポイント
「シャンパーニュ ロゼ」ルピシア
シャンパンとイチゴの甘酸っぱい香りがついている。湯を注ぐと、砂糖などでできた銀色とピンクの粒がキラキラ輝き華やか。アイスティーにして、桃やイチゴを添えてもよい。「ほのかな甘みと酸味が絶妙。夜桜を見ながら楽しみたい」(沼倉治美さん)
(1)10個入り(2)730円(3)www.lupicia.com、0120・11・2636
8
320ポイント
「エディアール ブレンド」エディアール
鮮やかな赤いパッケージに、上品な茶葉のうまみが凝縮されている。中国産の茶葉をベースにブレンドし、ベルガモットやオレンジなどで香り付けしている。ストレートで華やかな香りを楽しみたい。「かんきつ系の香りが心地よい。ピーチなどフルーツタルトと一緒に」(沼倉さん)
(1)25個入り(2)1260円(3)03・3352・1111(伊勢丹新宿本店)
9
240ポイント
「アールグレイ」ウェッジウッド
中国紅茶とスリランカのセイロン茶葉をブレンドし、ベルガモットで香り付けしてあるフレーバーティー。すっきりと切れ味がよく、気品のある香り。アイスティーや、ミルクティーとしても楽しめる。
「癒やされる香り。すぐには飲まず香りを楽しみたい」(aiko*さん)
(1)25個入り(2)1365円(3)www.nisshoku-foods.co.jp/、06・6314・3655
10
200ポイント
「ヌワラエリア」カレルチャペック紅茶店
スリランカの中でも特に標高の高い地域、ヌワラエリアにある高級農園の茶葉を使用。淡いだいだい色の優しい色合いで、繊細な味わいと爽快な渋みが楽しめる。ダージリンや緑茶好きな人におすすめ。
「爽やかで心地よい渋み。桜餅など和菓子にも合う」(磯淵さん)
(1)5個入り(2)578円(3)www.karelcapek.co.jp/、0120・29・1993

今回のランキングでは日本人オーナーが現地の茶園から直接茶葉を買い付けている国内紅茶専門店が上位を占めた。

1位の商品を販売するジークレフは1996年に東京・吉祥寺で創業したティーサロン兼茶葉専門店。川崎武志社長が産地を訪れ、生産者や栽培方法などにこだわった茶葉を常時50種ほど扱う。3月ごろまでのおすすめが「ダージリンオータムナル シンゲル農園」。手摘みした有機栽培の新芽の茶葉で、うまみが濃厚だ。

店頭では気軽に試飲させてくれる。品種や農園によって味が違うので、飲み比べるのも楽しい。2位と3位を販売するのも、それぞれ農園主とのつながりが深い日本人オーナーの紅茶専門店。旬の上質な茶葉を種類豊富にそろえており、多くのレストランでも使われている。

贈答用やパーティーに向く紅茶もある。日本の春をイメージできる紅茶が2位の「桃の花」。上質な茶葉に淡いピンクの桃の花を散らしている。見た目もかわいらしいので、「入学祝いなど贈り物にもぴったり」(こすだゆきこさん)という。

甘酸っぱいシャンパンとイチゴの香りが華やかな7位は、濃いめのアイスティーにして、ソーダ水や刻んだ果物を加えるとパーティーの乾杯にも向く。

また、紅茶になじみの薄い人向きの商品もある。強めの香りが苦手な人には10位がおすすめ。「ふわ~っとした優しい味」(高野健次さん)なので万人向けだ。ミルクたっぷりが好みなら、4位や5位が向く。好みの紅茶を見つけて、ゆったりと味わってみてはいかがだろう。

最初にカップ温め、蒸らす際は蓋

自分1人分でも手軽に楽しめるのがティーバッグ。最近は袋が三角の形状のものや、3位「ダージリン」のように細かい茶葉を使うことでより抽出しやすいように改良されている。おいしく入れるコツは、最初にお湯でカップを温め、蒸らすときには受け皿などで蓋をする。透明感があり香り高い紅茶ができる。

(1)バッグを振る(2)2度漬けする(3)最後に絞る――。この3つは入れる際に避けた方がよい。バッグを振ったり、絞ったりすると雑味やえぐみが出るからだ。1パック(約2グラム)はカップ1杯分。2杯目は新しいティーバッグを使う方がよい。


表の見方 数字は選者の評価を点数化。(1)1袋当たりの個数(2)店頭価格(3)電話番号や詳細がわかるホームページ(頭のhttp://は省略)
調査の方法 百貨店の売れ筋や専門家の推薦をもとに取り寄せ可能なティーバッグの紅茶29銘柄を候補とし、専門家にブラインド方式で試飲してもらい、おすすめの10銘柄を挙げてもらった。選者は次の通り(敬称略、五十音順)
aiko*(お取り寄せ生活研究家)▽秋山浩通(紅茶専門店「ザ・ダージリン」ティーテスター)▽磯淵猛(紅茶研究家)▽畔田隆弘(三越伊勢丹銀座店食品営業部マネージャー)▽桑原珠玉(『おいしい紅茶の愉しみ方』著者)▽こすだゆきこ(お茶と果物セミナー講師)▽下井美奈子(スイーツコーディネーター)▽高野健次(「TeaHouse TAKANO」ティーテスター)▽沼倉治美(ソムリエール・ティーインストラクター)▽野中嘉人(紅茶文化研究家)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL