脳卒中リハビリ進歩、脳に磁気+訓練で効果

「脳卒中を発症してから半年たつと、マヒした手足の機能を大きく回復させることは難しい」という従来の“常識”が変わりつつある。頭への磁気刺激の後、集中的に作業療法をしたり、手足を動かす神経や筋肉を刺激して神経回路の興奮を高め楽に動かせるようにしたりするリハビリテーション手法がマヒの改善に効果を上げている。ロボット技術を使って歩行の機能を高める取り組みもある。

頭に当てた装置で磁気刺激を与え、その後の訓練の効率を高める(東京都港区の慈恵医大病院、(上)は安保教授)

磁気刺激療法

東京都文京区の自営業、小宮美都子さん(77)が、自宅で脳梗塞を発症したのは2009年1月。左半身にマヒが残ったため、同年7月から東京慈恵会医大(東京・港)リハビリテーション科外来に通い、月1回リハビリを続けてきた。

足の機能は徐々に回復したが、左手の機能はなかなか戻らず、昨年12月に2週間入院して「NEURO(ニューロ)」治療を受けた。「経頭蓋磁気刺激(TMS)」で手足を動かしやすい状態にして集中的に作業療法を行う方法で、同科の安保雅博教授が考案、08年4月から始めた。

手順はこうだ。8の字形のコイルに電流を流して磁場を発生させ、頭に当てて脳の神経細胞を刺激するTMSをまず20分。その後マヒの程度に合わせた作業療法と自主訓練を各1時間。これを午前と午後に行う。

「手足の運動機能を司る大脳は、左右の脳が助け合って働いているが、どちらかの脳が脳卒中などで損傷を受けると、バランスが崩れて正常な脳が障害のある脳の働きを過剰に抑制して、損傷を受けた脳の機能回復を妨げてしまう」と安保教授。「磁気刺激で正常なバランスに戻した後にマヒした手指を動かす訓練をすると、病巣周辺の部位が活性化して機能を代償するようになる」という。退院した小宮さんは「動かなかった左手に力が入るようになり、台所仕事もできるようになった」と喜ぶ。

次のページ
促通反復療法
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント