長時間のパソコン仕事、ストレートネックにご用心頸椎の湾曲失いコリや腰痛の原因に

長い間、いすに座ってパソコンに向かう現代人の間で増えているのが「ストレートネック」。文字通り、首の骨が真っすぐになっている状態を指し、首のコリだけでなく、肩こりや頭痛、腰痛の原因になっていることもある。「現代病」ともいえるストレートネックを予防する方法を探った。

香港在住のヨガインストラクター、山元有巳佳さん(45)は7年前、運動中に尾てい骨をうち、めまいに襲われた。整形外科を受診したが、尾てい骨に異常はなく、湿布と炎症止めの薬をもらって帰った。

しかし、めまいは止まらず、肩こりもひどくなったので、整形外科を再診し、首のレントゲンを撮ってもらった。医師からは「首の骨が真っすぐになっている」と言われた。

その後、東京のカイロプラクティック治療院で「ストレートネック」がめまいの原因と指摘された。山元さんは「初めて聞く言葉だったが、原因がはっきりして安心した」という。首や骨盤のずれを治す運動や枕を変え、症状は2カ月ほどで軽くなったという。

重い頭支えきれず

正常な人の頸椎(けいつい)は緩やかなカーブを描いて重い頭をバランスよく効率的に支えているが、ストレートネックの人は湾曲がほとんどなく、真っすぐになっている。

稲毛整形外科(千葉市)の南出正順院長は「カーブが崩れると、頭が頸椎より前に来て、重い頭を首や背中の筋肉で支えなければならなくなる、慢性的な頭痛や首の痛み、肩こりといった症状が出る」と説明する。

首の細い女性に出やすく、ひどくなると、めまいや耳鳴り、吐き気などを訴えることもあるという。

大きな原因の一つが、猫背だ。長時間、パソコンで仕事をしたり、スマートフォンを操作していたりすると、背中が丸くなって、首が突き出た状態になり、ストレートネックになりやすい。骨盤の筋肉が衰えている人が多く、骨盤が前傾した良い姿勢を保持できない。背骨のS字状のカーブが崩れ、猫背になる。