MONO TRENDY

デジタルライフ

就活に役立つアプリ 時間節約・説明会の予習…

2012/2/4 日本経済新聞 夕刊

2013年春入社の就職活動が始まって2カ月。会社説明会の解禁が2カ月遅れの12月になる一方、面接などの選考はいつも通り4月からと、例年に比べて余裕のない日程になっている。「短期決戦」を乗り切るため、大学生らが活用しているのがスマートフォン(高機能携帯電話)のアプリや動画サイトだ。一歩先を行く就活生のスケジュール管理・情報収集術を紹介する。

■メールの写しが楽に

就活にスマートフォンを使う大学生(東京都千代田区)

「1年ほど前、就活を意識してスマホに変えた。思い立ったときに調べたり記録できたりするから便利」

就職活動中の都内在住の私立大学3年の女子学生(22)は慣れた手付きでiPhone(アイフォーン)を操作しながらこう話す。彼女が就活のスケジュール管理に使っているのは、ヤフーの「Yahoo!就職活動 就活アプリ」。説明会などの日程を選択肢から簡単に入力できるほか、志望企業ごとに予定を整理できる。

大学の授業やアルバイトの合間に、主な志望先の約10社を中心に説明会に通う。志望企業をアプリに登録しておけば、住所や社長の名前など会社情報も表示できるため、説明会前の予習にも使っている。スケジュール管理にはスマホと紙の手帳の両方を使うが「メールの内容を写すときは手帳を開くよりスマホでの方が簡単」という。

今シーズンの就活の大きな特徴がスマホの活用だ。出先や移動中に利用しやすく、時間の無駄がない。「短期決戦」にうってつけのツールといえる。就職情報サイト「マイナビ」の調べでは、就活生のスマホ所有率は59.3%(11年12月~翌1月時点)と、1年1カ月前の16.4%に比べ急増している。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
3年で100店舗の大勝負 「定額制エステジム」の正体
日経クロストレンド
スタバを脅かす「ラッキンコーヒー」に日本人が学ぶ
日経クロストレンド
絶好調「串カツ田中」は良い接客を全店クラウド共有
日経クロストレンド
高速料金、駐車場代、タクシー料金でも「定価」がな
ALL CHANNEL