小物でプチ変身 仕事服がパーティー仕様に

パーティーや忘年会が続くこのシーズン。仕事帰りに会場に出向くことも多いだろう。いつもの仕事服から短時間でおしゃれに変身するワザはないだろうか――。ちょっとした小物使いやメークの塗り足しなどで、華やかな雰囲気を演出する方法について専門家に聞いてみた。

「小物とおしゃれ心があれば、変身するのは難しいことではない」と話すのは、パーソナルスタイリストを手掛けるファッションレスキュー(東京都渋谷区)代表取締役の政近準子さん。まず身だしなみをチェック。靴を磨き、服のホコリを払ってから、小物をプラスしていく。

◇            ◇

便利なのはスカーフだ。仕事関係の会合なら花柄やストライプ、水玉柄を選び、派手なチェーン柄などは避けよう。鮮やかな色、コントラストが強い色も使わないほうがいいという。素材はハリが出にくく、華美になりすぎないシフォンシルクが向いている。個人的な集まりなら派手な柄物などを選んでもいい。

小柄な人は色物のスカーフを黒系やベージュ系など無地の服に合わせてポイントにする。小さめのものを首元に小さく結ぶといい。このとき、できるだけシンプルなデザインの服を選ぶのがコツ。逆に大柄な人は大きめサイズを大きく巻く。服と同系色など、なじみやすい色なら自然だ。

注目記事