エコカー色々 何が違うの?

イチ子お姉さん 東京モーターショーに行ってきたわよ。日本や海外の最新型(さいしんがた)の車が勢(せい)ぞろいしていて、環境にやさしいエコカーが主役だったわ。
からすけ エコカーってハイブリッド車とか、電気自動車だよね。ハイブリッド車の方は街の中で走っているのをよく見るようになったよ。

新車の1割 ハイブリッド

イチ子 日本で発売する新車のうち、今年はハイブリッド車が1割を超(こ)す見通しよ。3年前は約2%だったからずいぶん増えたわ。でも、ヨーロッパではディーゼルエンジン車がエコカーの主力って知ってた?

からすけ ディーゼルエンジン?

イチ子 ガソリンより安い軽油(けいゆ)で動くエンジンで、二酸化炭素(CO2)の排出量(はいしゅつりょう)も少ないのよ。でも、日本では排ガスに含(ふく)まれる有害物質が問題になり、1990年代に厳しく規制されてからは環境に悪いエンジンという印象が強くなってしまったの。

からすけ ヨーロッパではなぜエコカーなの?

イチ子 ヨーロッパのメーカーはCO2の少なさに注目して、有害物質(ゆうがいぶっしつ)を出さないようにディーゼルエンジンの改良を重ねたのよ。今は環境に優(やさ)しいエンジンと評価されて、ヨーロッパの乗用車の約半分がディーゼル車になっているわ。

からすけ 違(ちが)うタイプのエコカーはほかにもあるの?

イチ子 実は日本で最近よく売れているのが燃費(ねんぴ)のいいガソリン車。ダイハツの「ミライース」やマツダの「デミオ」がその代表で、エンジンを改良したり車体を軽くしたりして、少ないガソリンでたくさん走れる車なのよ。軽自動車のミライースは80万円ぐらいから買えるから、安さも人気の理由よね。

次のページ
排ガス規制で開発進む