激しい頭痛…脳脊髄液減少症 適切な治療へ一歩10月に初の統一診断基準

起きていられないほどひどい頭痛などに悩まされる脳脊髄液減少症。今年10月、厚生労働省の研究班が初の統一診断基準を作り、関連学会も承認した。これまでは「謎の頭痛」として診断がつかないケースも少なくなかった。患者が適切な治療を受けられるようになる第一歩と専門家は期待を寄せている。

立っているとどうしようもない頭痛がする。痛み止めも効かない。ところが横になるとなぜか症状が和らぐ。これが脳脊髄液減少症の典型だ。ただ症状は様々で、吐き気やめまい、視力低下、全身のだるさなどを訴える人もいる。

低かった知名度

この病気は医師の間でも知名度が低く、原因不明とされたり、心の病など別の病気と診断されたりする例も少なくなかった。一般にも知られるようになってきたのはここ数年だ。この病気に絡んで交通事故などの補償を巡り裁判で争う例も多発している。新基準作りにかかわった日本医科大学の喜多村孝幸・准教授は「今後は全国どこの病院にかかっても、典型的な症例については診断がつくようになる」と期待を込める。

脳や脊髄は硬膜という袋に包まれ、袋の中を満たしている脳脊髄液がクッションの役割をして守っている。ところが何らかの原因で硬膜に穴が開いてしまうと、液が漏れ出す。水位が低下すると液の中に浮かんでいた脳の位置が下がり、脳とつながる周囲の神経や血管が引っ張られるなどして、頭痛などの症状を引き起こすと考えられている。

硬膜に穴が開く原因となるのは、交通事故や運動時の衝撃、転んで尻もちをついた場合など。ただし硬膜が傷ついた原因がまったく思い当たらない人もいる。このため、硬膜が一般の人より弱いという体質差などの影響もあると考えられている。

画像診断で漏れが見つかった事例(←部分、防衛医大の島教授提供)

脳脊髄液が漏れているかは、磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)などを利用する。画像から漏れが分かれば病気と判定するが、漏れなのか画像の乱れなのか紛らわしい場合もある。そこで診断基準では画像判定の基準を定めたほか、複数の検査結果を組み合わせて判定する仕組みなども取り入れた。

治療はまず安静にすることから始まる。減ってしまった脳脊髄液の分を点滴で補いながら自然治癒を待つ治療法だ。1週間~1カ月ほどで患者の約8割で穴がふさがり回復するという。しかし、それでも症状が改善しない例もある。この場合、患者自身から採取した血液を液漏れを起こしている穴の回りに注射し、血で固めてふさぐ。「ブラッドパッチと呼ぶ方法で、最終的な治療法と考えている」と防衛医科大学校の島克司教授は話す。