スマホ料金、上手に抑える

Xiを使うには、実質負担額が3万円前後の対応端末を購入する必要がある。だが、スマホを経由してパソコンなどをネットにつなぐ「テザリング」を使っている場合、定額パケット通信料はFOMAよりXiの方が月額で数千円安い。FOMAの2年契約を解除しても違約金がかからないので、12月に加入すれば1年で元が取れる。

◇            ◇

高速通信のXiで使われている新しい通信方式は、今後多くの事業者が採用する。新通信方式でSIMロックを解除できる端末を購入すれば、将来、魅力的な他社のサービスに手軽に乗り換えることもできる。

単身者であればテザリング機能を使って、自宅で固定回線の代わりに使えば節約になることもある。また、無線LAN経由でパソコンなどをネット接続する携帯型無線(WiFi)ルーターの通信料金が月額4000円前後と安いサービスもあり、固定回線を置き換える人も増えている。

テザリングをしたり、無線ルーターを使ったりすると通信量は増えやすい。エリアが対応していれば、ドコモやイーモバイルなど通信制限が緩いサービスがお勧めだ。

(稲川哲浩)

[日経プラスワン2011年11月19日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし