ヘルスUP

病気・医療

小児に広がる「睡眠時無呼吸」 落ち着きなく粗暴に

2011/10/28 日本経済新聞 夕刊

 夜中にイビキをかいたり息が止まったりしてぐっすり眠れない睡眠時無呼吸症候群が、子どもの間で増えている。落ち着きがない、勉強に集中できない、動作が粗暴といった特徴があり、専門医は心身への悪影響に警鐘を鳴らす。「潜在患者は相当数に上る」ともいわれ、早く見つけて治療すれば治るため、負担の小さい検査法の研究や、啓発冊子を作るなどの動きが活発化している。

 寺田明ちゃん(仮名、3)が母親に連れられて千葉県こども病院耳鼻咽喉科を訪れた。「睡眠中のイビキがひどく、呼吸が止まることもある」という。明ちゃんは痩せて元気が無く、口を開け鼻水を垂らしていた。体重は同年齢の平均(14キロ)を下回る12キロ。食が細く、この1年間ほとんど体重が増えていないと母親。「気道が狭まり、睡眠時無呼吸を発症しているのではないか」と工藤典代耳鼻咽喉科部長(現・千葉県立保健医療大教授)は考えた。

 睡眠時の様子をビデオに撮ってもらうと、寝返りが多く、あえぐような呼吸や息が止まる様子が映っていた。喉の内視鏡検査などで扁桃(へんとう)腺や咽頭扁桃(アデノイド)が肥大していることを確認、これらを手術で取り除いた。

 退院から1カ月後に外来診察室に現れた明ちゃんは元気いっぱいで、別人のようだった。「よく眠り、よく食べる。体重は1.5キロ増えた」と母親は話した、という。

「潜在患者多い」

 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸が止まるなどして深い睡眠が得られず、日中に耐え難い眠気に襲われる。国内では2003年に新幹線の運転士が居眠り運転して車両が緊急停止する事故が起きて注目された。

 「子どもの場合、睡眠中低酸素状態になるなどして、注意散漫や情緒不安定、学業不振、成育の遅れなどを引き起こす。早めに見つけ、治療することが大切だ」と工藤教授は話す。

【関連キーワード】

睡眠時無呼吸症候群

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL