くらし&ハウス

暮らしの知恵

達人が伝授 カレーうどん、汁はねなしで食べるコツ

2011/10/28 日本経済新聞 プラスワン

洋服をクリーニングに出すとき、恥ずかしいのが食べ物のシミ。店員に「この汚れ、落ちるかどうかわかりませんよ」と苦い表情をされると、自分まで否定された気分になる。ミートソーススパゲティやカレーうどんなど麺類は特にはねやすく、落ちにくい。うまく食べる方法はないものか。麺好き記者が達人のコツを身につけるべく試した。

記者は昼食でカレーうどんを食べるとき、勢いよくすすりたいと思いながらシャツにはねないよう、ついそろそろと口に入れてしまう。はねを気にせず、豪快にすするとどうなるか。紙エプロンで防護しつつ、動画で撮影してはねの原因を探った。

ポチャン。箸使いには自信があったのだが、丸く、太く、つるりとしたうどんが早々、カレースープの中に落ちる。「あっ」と悔いた時には遅し。エプロンにはしっかり黄色い跡が。

食後に撮影結果を検証すると、はねる原因その1は「箸から落下する麺」。水たまりにモノを落とした時さながら、重量感のある麺が汁を打ち上げる。エプロンだけでなく、丼の向こうに置いたコップの水の中まで飛び散っていた。

その2は「すすったときに揺れ動く麺先」。麺をすする勢いとともに麺先が前後左右に揺れ動き、絡んだ汁を飛散させている。紙エプロンに散った黄色い跡は大小合わせて11カ所。恥ずかしい結果だった。

「毎日1食はカレーうどん。でも、はねを気にしたことはない」と話すカレーうどんの人気店、古奈屋(東京都豊島区)取締役の戸川里美さんにコツを尋ねた。戸川さんは真っ白い服で実食しながら解説する。

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL