せきぜんそく油断しないで、2カ月続くなら検査を

せきぜんそくの患者が増えている。せきが2カ月以上も長引く場合は、この病気の疑いがあり、治療しないとそのうちの約3割がぜんそくに進む。アレルギーとの関連が指摘されているが、季節の変わり目などに引いた風邪がきっかけになることも多く注意したい。

関西地方に住む30代の女性Kさんは数年前、夏から秋への季節の変わり目に風邪をひいた。しばらくして風邪は治ったものの、せきが2カ月たってもなかなか止まらない。近所のクリニックでせき止め薬を処方されたが、ついには夜にひどくせき込んで寝れなくなるほど悪化した。不安になりインターネットで調べて専門医にかかると、せきぜんそくと診断された。

風邪と思いがち

この病気の症状は2カ月以上も長引くせき。ぜんそく特有の「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という異常な呼吸音はなく、せきだけ続くので単に風邪が長引いていると思ってしまいがち。しかし、ぜんそくと健康な状態の中間のような状態で、気管支は炎症で通常より少し狭くなっている。そのまま放っておけば、せきぜんそくの患者のうち約3割はぜんそくに移行するといわれる。

風邪などウイルス性の感染症が原因で起こるせきの多くは3週間以内で治まる。症状も少しずつ良くなるのが一般的だ。大阪市立大学の平田一人教授は「逆に悪化した場合は要注意。2カ月ほどせきが続いた患者の約半数はせきぜんそくにかかっている」と指摘する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント