白髪染め、かぶれに注意 脱毛や顔が腫れる恐れも

ヘアカラーを使う人すべてに、かぶれなどのアレルギー反応が出るわけではない。アレルギーを起こす人は、全体の数パーセントと考えられている。

じゃあ、自分は大丈夫だろう……などと考えない方がいい。アレルギー反応は最初軽度でも、2度目以降は、症状が重くなることがあるからだ。

ヘアカラーの場合、最初は赤くかぶれるなどの症状であっても、次には、湿疹(しっしん)や脱毛、顔全体の腫れなどの症状を起こすことがある。急性の場合は、ジンマシンや呼吸困難を招くこともあるという。

それでは、ヘアカラーによるかぶれなどを避けるためには、どうすればいいのか。「必ずパッチテストをしてください」と、ヘアカラー大手のホーユー(名古屋市東区)の製品開発研究室、尾関宏之さん(医学博士)は念を押す。

過労や病気影響

パッチテストは皮膚アレルギー試験とも言う。ヘアカラーを少量、上腕の内側に塗りつけ、かぶれなどが出ないか、髪を染める48時間前に試すのだ。

パッチテストは髪を染める前には、毎回実施しなければならない。

同じヘアカラーを使っていても、過労や病気などで体質が変化し、アレルギーを起こすことがある。また、女性の場合は妊娠などでも体質が変わることがあるという。

また、体内にアレルギー抗体がつくられていき、あるときから、アレルギー反応を起こす可能性があるからだ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント