値上げ目立つけど、まだデフレは続いているの?

「ガソリンやパンが値上がりして、やりくりが大変。モノやサービスの価格が下がる『デフレ』はまだ続いているのですか?」。近所の主婦が疑問を投げかけた。「そういう声は多いですね」。探偵の深津明日香は小学生の国本玄輝と調査に出た。

ガソリン価格の動向は消費者の物価実感に大きく影響する(東京都内の給油所)

「モノやサービスの価格を物価というのよね。今も下がっているのかしら」。物価を調べている総務省統計局を2人が訪ねると、担当の永島勝利さん(43)が応対してくれた。「一般家庭で買う商品や使うサービスの価格の水準を示しているのが、消費者物価指数(CPI)です。今年6月まで28カ月連続で1年前の同じ月を下回りました」

CPIは食品をはじめ588品目の価格を毎月調べて導き出す。中でも、値動きの激しい生鮮食品を除いた数字が注目される。7月は久々のプラスだったが、伸びは0.1%にとどまった。「これじゃ、下げ止まったとはいえないわ」

そこに同僚の探偵、松田章司から電話が入った。「物価を監視する日銀の『生活意識に関するアンケート調査』では違う結果が出ています」。6月の調査結果をみると、1年前と比べて物価が「かなり上がった」「少し上がった」と答えた人の割合があわせて5割もあった。内閣府の8月の消費動向調査でも「1年後に物価が今より上がる」と考える人が約7割を占めた。

「なぜズレがあるの」。玄輝の疑問に内閣府の増島稔さん(47)が「スーパーの売値が変わっても、CPIに影響しないこともあります」と教えてくれた。「特売に注目すると分かりますよ」。2人はスーパーなどの特売情報を集めているチラシレポート(東京都中央区)に向かった。

同社では沢田英さん(45)が全国約10万店のチラシを分析した資料を見せてくれた。「ビールに清涼飲料、チーズ。特売の回数が東日本大震災を境に減っている!」。3~5月は特売回数が1年前の10分の1以下になった商品もあった。7月に入っても前年並みに戻らないものもある。