高齢者の貧血注意 持病に隠れ自覚しにくく

若い女性の病気と思われがちな貧血だが、高齢者でも10人に1人は患っている。持病の症状に隠れて自覚しにくいが、放置すれば寝たきりになる恐れがある。栄養不足が原因と指摘する専門家も多く、動物性たんぱく質を十分に取るなど食事改善を心がけてほしいと話す。

高齢者の貧血で多いのは、血液を作る骨髄の働きは正常だが、鉄分が不足する鉄欠乏性貧血だ。高齢者の多い療養型病院などで管理栄養士をしてきた、女子栄養大学生涯学習講師の吉野京子さんは「高齢者は食事の量が少なくなりがちでエネルギーやたんぱく質、鉄が不足。吸収を助けるビタミンCも足りない」と話す。

鉄が少ないとどうなるのか。鉄は酸素を全身に運ぶ赤血球の中のヘモグロビンの材料で、ヘモグロビンが減れば全身に酸素が行き渡らなくなる。一般的にドキドキする、微熱がある、だるいといった症状は出るが、「高齢者と若年者では異なる症状の場合が多い」(東京都健康長寿医療センター血液内科の宮腰重三郎部長)。

貧血かどうかの指標は、血液0.1リットル中のヘモグロビン値が男性の場合13グラム未満、女性は12グラム未満、65歳以上の高齢者では11グラム未満。宮腰部長は「狭心症などの持病が悪化したようにみえ、しかもゆっくり進むので気づきにくい。ヘモグロビン値が6~7グラムに下がっても分からないことがある」と話す。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント