部下を叱る極意 「怒る」のではなく…

2011/9/6

暮らしの知恵

「パワーハラスメント」の概念が広まり、部下を叱りにくい世の中のようだ。叱ったせいで部下が会社を辞めてしまったり、鬱になってしまったりすると、上司の責任を問われかねない。そうでなくても部下に嫌われるのはイヤという人も多いだろう。適切な叱り方があるのか、専門家に聞いた。


そもそも部下を叱る目的は何か。

「組織のビジョンを示し、部下の行動を望ましい方向に変えるために、建設的で具体的な改善提案をすること」。企業研修を手がけるらーのろじー(東京都文京区)代表で、「コーチングの第一人者が教える 人を育てる『叱り』の技術」など、多数の著書がある本間正人さんはこう話す。

◇            ◇

部下の行動や仕事ぶりに改善すべき点があれば、叱らずに正すことはできない。「褒める」だけの指導では無理なのだという。

「適切に叱れば、部下に感謝されこそすれ、恨まれることはない」と本間さんは断言する。それが部下の成長につながるからだ。見て見ぬふりをする上司は一見、好かれても、部署全体の成果は上がらない。最終的には部下からも尊敬されなくなる。

注目記事