人工透析受けないために…慢性腎臓病の早期発見カギ

腎臓の機能が低下し、人工透析を受ける患者が増え続けている。慢性腎臓病の初期段階で気づき専門医の治療を受けていれば、患者にとって負担の大きい透析に頼らずに済んだケースが少なくない。治療に必要な食事指導や検査に対する診療報酬が透析に比べ低く、医療機関が治療に力を入れにくいという事情もある。慢性腎臓病の早期発見と透析を回避するための医療体制の充実が必要だ。

尿検査の結果などを書き込んだ腎臓病手帳を示して診察する椎貝達夫院長(茨城県取手市の椎貝クリニック)

「えっ、透析ですか」。関東地方に住む70代の男性は今年5月末、ある大学病院の腎臓内科で、医師から「腎不全で9月には透析が必要になる」と告げられ、驚きの声を上げた。同じ病院の糖尿病科の主治医から「次回は腎臓内科に」と言われ、理由も分からず受診した結果の突然の“宣告”。自覚症状もなく「腎臓がこんなに悪化していたとは……」と落胆した。

気づかずに悪化

男性が糖尿病を患ったのは約20年前。この大学病院には10年以上通院し、インスリンの自己注射などで血糖値は正常値の範囲内で管理できていたが、合併症で腎機能が低下していた。尿からたんぱくが検出されるという兆しはあったが、糖尿病専門の主治医は血糖値の管理が中心。腎機能の十分な説明はなく、「うまく治療できている」と思い、「刺し身などたんぱく質は気にせずに食べていた」と振り返る。

人工透析の大半を占める「血液透析」は、腎臓のように血液内の老廃物を排出する体外装置に患者の腕から管で血液を送り込み循環させて浄化する。1回約4時間、週3回通院する必要があり、患者の日常生活や仕事への影響が大きい。

透析に至らないようにするには、まず予備軍である慢性腎臓病の早期発見が重要だ。慢性腎臓病は糖尿病などの合併症や腎臓内の炎症などのため(1)たんぱく尿など腎臓に障害がある(2)腎臓の機能を示す糸球体ろ過量が60未満に低下している――のいずれかが3カ月以上持続した状態だ。

国内の推定患者は約1330万人。日本腎臓学会の槙野博史理事長は「自覚症状がなく、気づいていない人も多い。尿検査でたんぱくが出たら精密検査を受けるべきだ」と警告する。

いったん腎機能が低下すると回復するのは難しく、たんぱく質などの食事制限と血圧管理、薬物療法を組み合わせた「保存療法」で残る機能を維持する治療が、透析に至らせないようにするのに有効だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント