N
マネー研究所
学んでお得

登山・旅行・スポーツ… 屋外レジャー、保険で備える

2011/5/10

学んでお得

登山にゴルフ、テニスに水泳――。屋外でレジャーを楽しむ機会が増える季節になった。外出する際に気を付けたいのがケガや事故などの思わぬトラブル。万一に備えて最低限の保険には入っておきたい。補償の範囲や金額などをよく吟味して自分に合った保険を見つけよう。

アウトドア用品販売のモンベル渋谷店(東京・渋谷)では例年、夏の登山シーズン前の隠れた“売れ筋”商品がある。ハイキングや登山での事故に備えた保険だ。登山用品を購入したついでに、保険の契約をする顧客が多いという。

◇            ◇

「旅行総合保険」「お出かけ保険」「ゴルファー保険」。国内でのスポーツやレジャーに対応する保険はさまざまな名称で販売されているが、内容は「総合型」と「専門型」に分けられる。総合型は国内旅行から週末のスポーツまで外出時を広く補償対象とする一方、専門型は補償の内容や場面を絞り、特徴を打ち出している。

総合型の補償内容は大きく3つに分けられる。まず自分がケガをした場合の医療費。山登り中の捻挫やテニスでの肉離れといった運動中のほか、スキーで宿泊した旅館でのケガも対象になる。

次に他人にケガをさせたり、他人のモノを壊したりしたときに発生する損害賠償金の補償。登山中にほかの人とぶつかりケガをさせたり、旅先で展示品を壊したりした場合などに使う。

3つ目は自分の携行品に対する補償だ。旅行中にカメラを落として破損した、テニスの試合中にラケットをコートにぶつけて割った場合などに、壊した物品の代金が支払われる。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし