球場の名前、なぜコロコロ変わる?

「最近、聞き慣れない野球場の名前があるな」。スポーツ好きの友人の言葉に、探偵の松田章司が反応した。「コロコロ呼び方が変わる施設もあるぞ。なぜだろう」。章司は近所の小学生、伊野辺詩音を連れて調査に向かった。

2月から新名称になった「ほっともっとフィールド神戸」

2人は今年3月に「千葉マリンスタジアム」から名前が変わった「QVCマリンフィールド」(千葉市)に向かった。詩音が「なぜ変わったのですか」と尋ねると、球場を持つ同市の石橋正孝さん(53)が教えてくれた。「市内に本社があるテレビ通販会社、QVCジャパンに名前を付ける権利を売ったからです」

「名前の売り買いって聞いたな。命名権、英語でネーミングライツと言ったぞ」。章司が辞書を取り出すと、施設を持つ自治体などが一定の期間、名付け親になれる権利を売ることとあった。売り手はお金が稼げ、買い手の企業は社名などを付けてPRできる。

「契約は10年で、市などに年間2億7500万円が入ります。人工芝の張り替えなど改修費にあてます」と石橋さん。QVCジャパンにも聞いてみた。「地元のためになり、社名も知ってもらえると考えました」

昨年は国内で225件

調べてみると、命名権を売って呼び方が変わった公共の施設は多かった。国内で契約中の命名権は、民間の施設も含め2010年で225件と、2年前の2倍。しかも、何度も変わった例まであった。プロ野球のオリックスがよく使う球場名は3回変わり、2月に「ほっともっとフィールド神戸」になった。札幌市の展示場「北翔クロテック月寒ドーム」も3つ目の名前だ。

「なぜ急に件数が伸びたんだろう」。疑問が浮かんだ2人は、2年前から命名権売買を始めた神奈川県を訪ねた。「県の借金が膨らんでおり、少しでも収入を増やそうと考えました」と応対してくれた高沢幸夫さん(49)。神奈川県では橋やトンネル、ヘリコプターなども名付け親を募った。