やってはいけない部下の叱り方

自らも忙しい仕事を抱えつつ、部下を育成しなければならない最近の管理職たち。叱っても、自分の新人時代とは違う反応が返ってくるなどし、戸惑うことが少なくない。ミスをした部下を上手に叱り、失敗を成長につなげるためにどんな工夫が必要なのか。ポイントをまとめた。

「叱り方次第で部下が成長することもあれば、逆に萎縮し、挑戦心を失うことも。上司は心して部下のミスに対応すべきだ」。ジェイフィール(東京都渋谷区)代表取締役で「明日から部下にイライラしなくなる本」などの著書を持つ高橋克徳さんはこう話す。具体的にどんな心構えが必要なのだろうか。