無料見学に出かけよう 工場や科学館、手軽に勉強

もうすぐ春の行楽シーズン。お出かけはしたいものの、そうなると気になるのが費用だ。そこで入場無料で見学できる工場や公的な施設を訪ねるというのはどうか。お得なうえに、社会勉強にもなる。出費を抑えながら手軽に家族で楽しむためのコツをまとめた。

東京都に住む会社員の山下厚さん(仮名、29)は、家族で外出する際にお台場(東京・港)地区をよく訪れる。科学館などが集まっており、「入場にお金がかからない施設がかなりあって出費をかなり節約できる」からだ。妻と息子の3人家族で仮に入場料が大人1000円、子ども500円かかると、合計で2500円にもなる。「無料の施設なら、外食の昼食代が浮く計算になる」という。

◇            ◇

お台場地区を選ぶのは、費用のかからない施設が多いためだけではない。「無料の巡回バスが走っており、現地で移動する場合の交通費も節約できるから」と山下さんは話す。バスをうまく使えば複数の施設へ足を延ばせ、お金をかけずに一日楽しめる。「入場料がタダなら、内容が期待はずれでもがっかりすることも少ない」と笑う。

無料で入れる全国の主な施設の概要をにまとめた。もちろんこれ以外にも多数あるので、地元の施設などを調べよう。

注目記事
今こそ始める学び特集