大掃除ですぐ役立つ この技何でもランキング水回りは「湿布法」が活躍

年末大掃除の時期を迎えた。しかし、何から手を着けていいのか悩んでいる人もいるだろう。すぐに役立つ大掃除の技を、専門家に選んでもらった。

新年を迎えるに当たり、やはり水回りは少しでもきれいにしておきたいもの。ランキングでも15位中9つが浴室・トイレ・キッチン関連となった。中でも1位になったのが、酸素系漂白剤を使った浴室のタイル目地のカビ落としだ。

塩素系のカビ取り洗剤もあるが、この方法はマイルドな酸素系漂白剤を使う。塗っただけで落ちないなら、上から台所用ラップを張り付けておけば、じわじわと薬剤が内部に浸透する。「ただし、カビの色素を残したくないなら塩素系漂白剤の方がおすすめ」(花王の弦巻和さん)

浴室だけではない。水回りの掃除では、ラップやペーパーを使う湿布法が活躍する。15位の温水洗浄便座のノズル掃除もそうだ。便器内の黄ばみにはクエン酸水をペーパーで湿布するといった方法もある。

水回りの代表的な汚れが水あかだ。水に含まれるカルシウムやマグネシウムが吸着して残った状態で、これにせっけん成分が結合するとせっけんカスになる。これらには、弱酸性のクエン酸が有効だ。

重曹もよく取り上げられるが、こちらは弱アルカリ性で、油汚れや皮脂汚れに効果がある。13位のガスレンジの汚れ落としなどに向く。こすり洗いするだけで落ちない場合は、五徳や受け皿など汚れのひどい面を下にして、湯につけ置きすると、油が緩んで落ちやすくなる。

重曹は歯磨き粉と同様、研磨剤としても使える。代用品ばかりではない。「食器用洗剤を十分に泡立て、ティッシュで5~6分湿布するだけで汚れが緩む。台所の大半の汚れがこれで対応できる」(生活コーディネーターの土田登志子さん)ので、身近な洗剤の使い勝手も見逃せない。

表の見方 右端のポイント数は調査結果を点数化したもの
調査の方法 掃除のコツや技などの書籍、雑誌、ネットサイトからよく目にする161方法を選び、(1)年末までにやるといい(2)手間なく効果がある(3)身近にあるもので事足りる――という観点から専門家に評価してもらった。選者は次の通り(敬称略、五十音順)
岩尾明子(環境NGO「クリーン・プラネット・プロジェクト」代表)▽大岩はつ恵(そうじ力研究会そうじ力マイスター)▽尾崎美樹(フラオグルッペ常務)▽おそうじペコ(掃除研究家)▽加納真由美(ミニメイドサービス教育課)▽佐光紀子(ナチュラルライフ研究家)▽佐藤嘉浩(特定非営利活動法人日本ハウスクリーニング協会)▽土田登志子(生活コーディネーター)▽弦巻和(花王生活者研究センター)
エンタメ!連載記事一覧