手のふるえ 過度な不安 不要

手のふるえに悩む高齢者は多い。緊張していないのに、ペンやコップを持つと、手がぶるぶるとふるえる。こうしたふるえがいつも起きると深刻な病気が隠れているのでは、と不安になるかもしれないが、加齢に伴う「老化現象」のケースが少なくない。

「ふるえ外来」検討

千葉県佐倉市にある東邦大学医療センター佐倉病院の神経内科。1日に50人前後の患者が外来にやってくるが、うち約2割がふるえを訴えている。症状としては約3割いるしびれに次ぐ。同大の榊原隆次・准教授は「年をとるとともに手がふるえて困る、という人は増える傾向にあるようだ」と話す。ふるえ外来の設置を考えているという。

人間だれでも緊張すると体がふるえる。自律神経のうち交感神経の働きが強まるからで、式場などの記帳で指先が小刻みにふるえてうまくサインができないのは典型例。スピーチを求められて声がふるえるのも同じで、生理現象といえる。

こうしたふるえは緊張が解かれると普通は収まる。一方、60代以降から顕著に増えるふるえ「本態性振戦」は日常生活でひんぱんに襲ってくる。自宅でお茶を飲もうとしても湯飲みがふるえうまく飲めない。料理で包丁をもつと指を切りそうになる。化粧ではうまく紅を引くことも難しい。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント