かっぱ橋道具街の歩き方 食のプロ気分を味わおう

食にまつわる様々な道具がそろう「かっぱ橋道具街」として、広く知られた東京都台東区の東京合羽橋商店街。浅草と上野の中間に位置するかっぱ橋には主に業務用の食器や調理器具など扱う170ほどの専門店が軒を連ねる。最近は食品サンプル作りを体験できる店舗なども登場し、一般の買い物客が増加。包丁やエプロンに名前を入れるサービスなどを利用して、自分だけの道具をオーダーするといった楽しみ方も広がっている。

お湯にくぐらせて本物そっくりに

7月から始めた食品サンプル作りの体験教室が人気の「岩崎 合羽橋ショールーム」

10月下旬の水曜日。昼下がりのかっぱ橋に激しい雨が降るなか、食品サンプルを製造・販売する「岩崎 合羽橋ショールーム」に人だかりができていた。見つめる先では食品サンプル作りの実演が続く。

「緑の液体を注いだら、葉っぱの端を持ってレタス全体をお湯にくぐらせます。葉っぱ全体を丸めていけばレタスの出来上がり」。講師の鮮やかな手さばきに「わあ、本物そっくり!」「こんなに短い時間でできちゃうなんて」と店頭では次々に歓声や拍手がわき上がった。

かっぱ橋にいくつかある食品サンプルの専門店で唯一、体験教室を開いているのがここ。7月から始めた教室は電話、インターネットで事前に予約をすれば、2人以上で参加できる。料金は1500円。10~15分ほどで天ぷらとレタスのサンプル作りを体験できる。