知っておきたい「口臭」発生の仕組み

欠かせぬ歯科医受診

舌苔は通常、ほとんどの人が持っており、舌苔があるからといって口臭がひどいとは限らない。ただ、たとえば歯周病がある人だと、歯肉から白血球が漏れ出て、口の中ではがれる細胞も増える。舌苔がたまってくると、悪臭の強い種類のVSCが出やすくなる。

八重垣教授は「日本人で口臭が激しい人は、ほぼ間違いなく歯周病」と解説する。歯周病は30~60歳代の8割がかかっている。歯周病対策には「単に歯を磨くだけでなく、半年に1回は歯科医を受診するのが欠かせない」という。

高齢者特有の原因もある。「食べ物をよくかまない」「流動食中心になる」などで、食べ物をのみ込むときに舌が掃除されず、舌苔が増えやすくなる。唾液(だえき)が減るのも悪影響が大きい。

どう対策すればいいのか。まず、自分の口臭がどの程度なのか知ることだ。ある調査では、大学病院の口臭外来を訪れた患者のうち、約4割が実際には口臭がない「仮性口臭」や「口臭恐怖症」だった。専門医や一部の歯科医には口臭計測機がある。受診して口臭の有無を調べてもらえば確実だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント