ヘルスUP

病気・医療

夜中目が覚める 実は心配無用? 日中眠くなるなら要注意

2010/8/20 日本経済新聞 朝刊

 夜中に何度も目が覚めて十分な睡眠が得られない「中途覚醒(かくせい)」に悩む人は多い。再び寝付けないとあせって目がさえ、いっそう眠れなくなる経験は誰にもあるだろう。ただ、人間がまとまって眠る習慣を持つようになったのは産業革命以降で、この200~300年とされる。日中眠くなるなどの問題がなければ、それほど気にする必要はないと専門家はいう。

 厚生労働省が毎年公表している「国民健康・栄養調査報告書」の最新版(2007年)によると、「夜中に何度も目が覚める」と答えた人の割合は「時々ある」「しばしばある」まで含めると約45%。「夜、眠りにつきにくい」(約37%)「朝早く目覚めてしまう」(約44%)よりも多かった。とくに60歳を超すと「いつもある」と回答した人は10人に1人の割合でいた。

 日本大学医学部の内山真主任教授(精神医学)は「高齢者が夜中に目が覚めやすくなるのは仕方がない」と話す。一般に睡眠時間は年とともに短くなる。健康だと65歳を過ぎるころには20代よりも約1時間少ないとされる。体が長い睡眠時間を欲しないにもかかわらず、朝早く起きる必要もなく時間に余裕ができるため、ついつい床にいる時間が長くなるからだ。

次ページ→「昔の人は3時間ずつ睡眠」

【関連キーワード】

中途覚醒厚生労働省睡眠精神医学

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL