ウイルス原因のB型肝炎、成人の性感染広がるワクチン接種で「母子感染」は激減

乳児にワクチンを接種(横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院)

ウイルスが血液や体液を介して感染するB型肝炎。感染しても無症状な人が多いが、発熱や黄疸(おうだん)などが現れ、肝硬変や肝がんを患うことがある。ワクチン接種で乳幼児の感染は著しく減ったが、成人の間では性感染で広がるケースが増えている。

都内在住の太田容子さん(仮名、56)は32年前、第1子を出産したときに医師から「B型肝炎ウイルス陽性です」と告げられた。発熱やだるさ、黄疸といった症状はなかった。健康診断でも問題はなかったので通院せずそのまま日常生活を送った。

国内感染者110万人

初めて発症したのは13年後の37歳のとき。38度の熱と黄疸が約1週間続き入院した。いわゆる急性肝炎だ。その後も同様の症状が2度起こり入院を繰り返した。最近は2カ月に1度、病院で検査している。入院時のような症状はみられないので特別な治療は受けておらず、仕事もしながら普通に暮らしている。

ただ、ここ2~3年はウイルスの量が増えた。「肝がんになるのではないか心配」と太田さんは不安そうな顔で話す。

国内でB型肝炎の原因ウイルスに感染している人は推定で110万人ほどいる。ウイルスは血液や体液を介して感染する。主な感染経路は妊娠中や出産の際に母から子にうつる「母子感染」と考えられてきた。乳幼児期に感染すると大抵は、ウイルスが体内に生涯居続ける「キャリアー」という状態になる。

一時的に発症すると、発熱や黄疸が現れるが1カ月ほどで治まる。感染している人は自覚症状がないことが多いが、太田さんは「肝炎を発症した後は、症状がなくても疲れやすかったり集中力が落ちたりする」と説明する。

ウイルスに感染していることが分かる機会は様々だ。太田さんのように出産時の検査で判明する場合もあれば、献血や健康診断などの際に分かることもあるという。

現時点ではウイルスを完全に死滅させる薬はない。治療の目的はウイルスの駆逐ではなく、ウイルスを抑えて肝硬変や肝がんに悪化するのを防ぐこと。キャリアーの1~2割ほどが肝硬変や肝がんになるとみられているが、そこまで悪化するのを防ぐことができれば、キャリアーでも普通に暮らせる。

まず、定期的に病院へ通い肝臓の働きを示す検査値「ALT」やウイルス量、ウイルスに対する抗体などを測り様子をみる。30歳くらいまでに肝炎を発症する場合は、体の働きでウイルスを抑えられるケースも多い。発症するとALTは一時的に急増するが、その後抗体が増えてウイルスを抑える。

この状態が続くと、治療をしなくても終生、肝がんや肝硬変にならないことが多い。「キャリアーの約7割が該当する」と東京大学の四柳宏・准教授は説明する。ただ、何度も肝炎を繰り返す場合は肝がんになりやすく、20歳代で進行するケースも多いという。手術などでなるべく早期にがんを取り除く。

また、体内にウイルスが多いと、肝硬変や肝がんになりやすいことが分かっている。その場合は、ウイルスを減らすために「インターフェロン」や「核酸アナログ製剤」を使うことがある。

次ページ→「ジェノタイプA流行」

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント