くらし&ハウス

暮らしの知恵

きれいな字で好感度アップ

2010/7/7 日本経済新聞 プラスワン

書道の先生にも、早く字が上達する基本の原則を教わった。日本書道教育連盟・書道師範の高宮暉峰(きほう)さんは「美しい字になるボールペン字練習帳」(PHP研究所)などの著書を持つ。

高宮さんは「まずは正しい姿勢が大事」と語る。体の軸がブレないように背筋をまっすぐ伸ばし、イスの背にもたれない。体と机の間は握りこぶし1つ分離す。用紙に対してボールペンの角度は60度。、親指、人さし指、中指の3本でボールペンを軽く持ち、小指を丸めて力を入れる。

その上で、まっすぐな線を引く練習をしよう。曲がっていると字が汚く見えるからだ。手首を動かすのではなく、小指の下の筋肉を支えにしつつ、ひじを動かす。「1ステップ目は、ウオーミングアップを兼ねて上から下へまっすぐな縦の線を引く」と高宮さん。それができたら、2ステップ目はまっすぐな横の線も入る「十」の字を練習する。

単独で字がきれいでも文章全体のバランスが悪いと見栄えがよくない。全体のバランスを整えるコツは3つある。

1つ目は字の中心をそろえる。2つ目は「日本語の黄金比率」を意識する。漢字の大きさ10に対し、カタカナが8、ひらがなが7の比率だ。ひらがなは、情報としては読み飛ばされることが多く、画数も少ないため小さめに。カタカナは画数は少ないが固有名詞が多いので、ひらがなよりは大きく書く。3つ目は用紙の上下左右の余白をそろえる。

これで“パッと見”がきれいになる。字は第一印象が大切だ。美しい字は読み手に信頼感を与えるのでビジネスで大いに役立つ。

(ライター 上田 真緒)

[日経プラスワン2010年7月3日付]

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL