眠りすぎはよくない? 「十分な睡眠」に個人差体内時計は年齢で変化

最近、睡眠研究が大きな成果を挙げている。睡眠不足が糖尿病などさまざまな病気のリスクを高めることが科学的に証明され、同時に睡眠の取り方は年齢変化や個人差が大きく、それが睡眠トラブルの原因になっていることも分かってきた。日本人の3人に1人が、睡眠になんらかの問題を抱えているといわれる現代。自分のための睡眠改善法を見つけるコツを専門家に聞いた。

健康のために十分な睡眠を――。疑いようのない常識と考えられてきたが、じつは、これまで睡眠時間と健康についての科学的な研究はほとんどなかった。しかし、2000年以降になって、重要な論文が次々と発表されるようになった。

日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授は、「結論からいえば睡眠は重要だが長く眠るほど健康的なわけではなかった」と話す。例えば、米国在住の男性1139人を16年間追跡調査し、糖尿病発症について調べた研究では、1日に7時間眠る習慣の人がもっともリスクが少なく、それ以上長くても短くてもリスクが高まることが分かった。

また内山主任教授の研究グループは、国民健康・栄養調査(2003年)のデータを分析、高脂血症のリスクが低いのは6時間台で、それよりも短くても長くてもリスクが高まったという結果を得た。内山主任教授は「この他の研究報告をみても、成人の場合、最適な睡眠時間は6~8時間の間にあると考えられる」と話す。極端な短時間睡眠や眠りすぎは、体のどこかに負担をかけているのだ。

→次ページは「必要十分な睡眠をとるには?」

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント