働く女性、ネットで悩み相談転職や子育て、思い書き込む

もっとも、文章を書くのは苦手という人もいる。もっと手軽に投稿し、自分を高められるとして注目を集めているのは、アイランド(東京・品川)が運営する女性向けサイト「朝時間.jp」だ。主にヨガや美容など心地よい朝の過ごし方を女性に提案するサイトだが、中でも人気なのが「ひとこと朝宣言」。利用登録者が毎朝届くメールに記して返信した宣言を公開するコーナーで、連日「ウオーキング1時間」「新しいことを1つはやる」などの言葉が1万本以上並ぶ。

サイトのプロデューサー、中込友里さんは「日記と違い、サイトに宣言を記すと『やらなきゃならない』という気持ちが強くなる。自己管理の手段として使う人が多いようだ」と話す。宣言にはコメントもつけられる。互いに励ましたり、アドバイスしたりできるのも魅力だ。

■自分の声が新商品に

悩みの解決や励ましだけでなく、自分の思いや発想を商品として実現できるサイトもある。タイムライン(東京・渋谷)が運営する「Happy OL」はその1つ。「こんな商品があれば仕事に役立つ」。そんな女性の声を集め、企業と商品を開発するサイトだ。

同サイトとミニブログ「ツイッター」に登録した上で、同サイトから投稿すれば、声が商品開発に反映される仕組み。2009年10月の開設後、利用者は約3000人に達した。その声をもとにフリルなどの着け外しで仕事にもオフにも着回せるワンピースやコートなど、既に数種類の商品をアパレルメーカーと開発。販売にこぎ着けている。

「女性のネット活用は今後、実社会での情報交換などより具体的な協力に広がっていくのでは」。そう指摘するのは全国10万人の主婦が協力する調査会社キャリア・マム(東京都多摩市)の堤香苗社長。「Happy OL」の商品企画は一例といえそうだ。

毎日コミュニケーションズ(東京・千代田)が運営する女性向け情報サイト「エスカーラカフェ」の川島輝美編集長も「仕事や子育てなどテーマを絞ったサイトのニーズは、さらに高まるのではないか」とみる。自分にあったサイトを探して、活用してみてはいかが。

(電子報道部 学頭貴子)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧